NEWS

3/8 管楽器調律研究所 調律会のおしらせ

前回好評をいただきました「管楽器調律研究所」の調律会を、本年も実施させていただきます。
今回の調律もテューバの調律を特に得意とし、”Tubassadors”などの演奏活動でも実績を持つ 西部 圭亮氏をお迎えしての実施です。
ぜひお手持ちのマウスピースや楽器を最適の状態にセットアップし、大切な本番に臨んでいただければ幸いです。

-----------

【場所】
TUBAMANPlus ショールーム

【ご予約可能時間】 *2/16現在

■全ての時間がご予約済みとなりました。
万一キャンセルが発生した際には本ページにて再度ご案内をさせていただきます。

------------

【お申し込み方法】
以下の情報を記載しお問い合わせフォームよりご連絡ください。

・お名前/電話番号
・ご来店日時(各時00分または30分で記載ください)
・施工対象(楽器・マウスピース・ミュートなど)

*お申し込み先(お問合せフォーム)↓
https://tubamanplus.com/inquiry

・お申込み後24時間以内に予約完了のメールを返信させていただきます。

【施工時間について】

施工時間例)
・楽器本体 およそ240分(4時間)
・マウスピース・ミュート およそ30分

------------------

【料金について】
ミュート ¥2,200~
マウスピース ¥5,500
楽器本体 ¥44,000~
・楽器本体は、楽器の大きさや同時に施工する内容によって大きく変動します。
・管楽器調律研究所ではロータリー調律単体・抜差管単体での調律は全体のバランスが狂ってしまうことが多いため非推奨とさせていただいており、施工をいたしておりません。(本体と合わせての施工はお受けいたしております)
・施工内容により、追加の加工をご提案させていただくことがございます。(楽器本体+マウスピース調律 など)

正確な金額は施工前に調律師より提示されます。お支払いは施工後TUBAMANPlusショールームにてお支払いください。現金・各種クレジットカード・交通系IC・PayPayがご利用いただけます。

------------------

【対象楽器】
テューバ・チンバッソとそのマウスピースを対象とさせていただきます。

-------------

【管楽器調律について】
管楽器やマウスピースなどのあらゆる点での響きを最適なピッチに揃え、本来の機能を最大限発揮することを目的とした技術です。単純な熱処理とは異なり調律師により繊細なピッチ調整をしながら処置していくため、奏者が最も快適な状態により近づけた調整を可能としています。

・楽器の本来の性能をアップさせるものではありません。
・原則可逆的な変化の処置なので、元の状態に近い状態に戻すことも可能です。
・個人によって変化の感じ方には大きく差があるため、期待通りの効果が感じられない可能性があります。

詳細は管楽器調律Webページにて↓
https://kangakkichoritsu.com/about/

【調律師 西部 圭亮氏 プロフィール】
チューバ奏者、管楽器調律師。11歳よりチューバを始める。東京学芸大学教育学部中等教育教員養成課程音楽専攻を経て、世界的チューバ奏者セルジオ・キャロリーノ氏の推薦によりポルト高等音楽芸術院へ一年間留学。ポルト国立交響楽団に客演。日本へ帰国後フリーランス奏者として活動を開始、読売日本交響楽団をはじめ国内オーケストラへ客演。2020年度より洗足学園音楽大学演奏補助員。Tubassadorsに所属し、チューバアンサンブルの可能性を追求すべく活動中。
​​第12回日本jr管打楽器コンクールチューバ部門銀賞(金賞無し)第20回コンセール・マロニエ21 金管楽器部門入選。第3回J.E.T.A.学生ソロコンクール第2位。これまでにチューバを渡辺功、山本訓久、セルジオ・キャロリーノ、次田心平の各氏に師事。
​管楽器調律の技術を和田守弘氏に師事。チューバ奏者としての知識と経験をもとに管楽器調律の技術を独自に研究し、修得。大型の楽器の調律において安定した効果を持続的に発揮できる調律方法を確立し、リペア技術や職業演奏家目線の知識を複合的に活用した楽器のトータルバランス調整を得意とする。