{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

St.Petersburg 202N【選定品】

617,100円

送料についてはこちら

状態:新品です。 輸入代理店による選定書が付属しています。 選定者 潮見 裕章氏(大阪交響楽団テューバ奏者) -------- 調子 B ベル 420mm 4ロータリー ボアサイズ21.00mm イエローブラス ニッケルメッキ仕上げ 純正ソフトケース付属 *別途、適合するハードケース(美品USED品・¥99,000)をお求めいただくことが可能です。 https://tubamanplus.com/items/65db1708c2d1e400378dfd67 ------------- ハイコストパフォーマンスブランドとして長年高い評価を誇るサンクトペテルブルクのベストセラーモデルです。LIDLやMeister Walter Nirschlと同じボヘミアンスタイルとも呼ばれる伝統的な設計を採用しており、時期的には最も早い段階でこの設計を近代化させ、販売したメーカーです。 このメーカーは複数の製造拠点を持ち、ロシア・ウクライナ・スロベニアなどの拠点で作ったものを最終的にサンクトペテルブルクの工房でチェックして出荷していました。 どの工房でもほぼ全ての工程を手作業で製作しており、薄くて固い金属を全てのパーツに使用しているためその大きさからは考えられない程の音の伸びと快適な吹奏感を誇ります。 工業的な完成度は正直高くなく、はんだなどの付け方はかなり荒い部分があり、生産時につけた傷の修正も行われていません。メッキなどは技術力が大きく求められず、かつ耐久性が高いニッケルメッキを採用するなど近代のメーカーではあまり見られない仕様を持っています。 ニッケルメッキは非常に高い耐久性を持つ反面音が硬質になる傾向がありますが、薄くつくられたこの楽器の場合は音を引き締めてくれ非常に良い影響を及ぼしています。 工業的なツッコミはある程度あるものの、エントリーモデルの価格でトップクラスの性能を発揮するテューバに仕上がっており、反則とも言えるコストパフォーマンスを誇ります。 近年の国際情勢の激変により、希少性も上がってきている一品です。 *本商品はニッケルメッキを施しておりますので、金属アレルギーの方はご使用をお控えいただくことをおすすめいたします。 *外観・仕上げの美しさを重視される方は設計をほぼ同一とするLIDL Moldauシリーズをおすすめいたします。

セール中のアイテム