other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

TUBAMANPlus/BrasLab.MOMO チンバッソ

946,000円

送料についてはこちら

【本商品は受注生産品です】 納期はご注文後およそ3〜4ヶ月です。 ・写真は試作品のものです。仕様は製品版と同一です。 ・年間に製作できる数にかぎりがあるため、オーダー数に上限があります。 ・レートの変更などにより、予告なく価格が変更される場合がございます。(お支払い金額はご注文時の価格となります) -------- 状態:新品です。 調子 F ベル 268mm 5ロータリー+2ndトリガー イエローブラスベル クリアラッカー仕上げ セミハードケース付属 シャンク テューバ(アメリカン) 企画・販売 TUBAMANPlus 改造施工 BrasLab.MOMO ベース個体 HM-instruments ------------- イタリアオペラなどで使用され、直管楽器の音色感とテューバの操作性を持つ「チンバッソ」です。テューバ奏者によって演奏されることが多く、近年ではイタリアオペラだけではなく、スタジオワークなどでも輪郭の際立つ低音パートとしてチンバッソが指定されることも出てきました。 歴史そのものはそこそこ古い楽器ですが楽器の開発はテューバほどはすすまず、ここ数十年くらいでいくつかのメーカーが手掛けて今日に至ります。 現在は100万円台後半〜の高価格帯でハーグ・ルドルフマインル・レッチェ・メルトンなどが高い性能のモデルを、50万円〜60万円の低価格帯で中国製の各種メーカーが実用的なレベルに到達しているモデルを発売しています。 今回TUBAMANPlusでは、「ちょうどよい価格帯・ちょうどよい性能」のチンバッソを発売するというコンセプトに基づき開発を進めました。 ベースとしたのは中国製のチンバッソで、その個体を改造していくことにより高性能化を狙っています。 中国製のチンバッソはそのままでもかなり性能が良く、コストパフォーマンスに優れた楽器ですが、BrasLab.MOMOによる加工の修正・支柱の変更や各種音響処理を施すことにより、メジャーメーカーの吹奏感により近い繊細で自由度の高い表現が可能な楽器へと進化を遂げています。 ---------- 【実施した改造内容】 ・ロータリー内部音響処理 ・マウスピースレシーバー新規制作・音響処理 ・ベル 音響微調整 ・ロータリーキャップニッケルメッキ・彫刻 ・トリガーレバー全面改修 ・第5レバー作成・変更 ・ロータリーレバー修正 ・ベルジョイント部仕様変更 ・支柱位置変更 ・支柱追加・除去 ・指掛位置変更 ------------ 【お支払いについて】 お支払いはご注文時となります。ご注文後のキャンセルはお受けいたしかねますので、ご注意ください。 納期は3〜4ヶ月を予定しておりますが、万一ご注文後6ヶ月を経過して納品ができなかった場合は、ご注文のキャンセルが可能です。(キャンセル時、代金は全額返金いたします)

セール中のアイテム